#garagekidztweetz

#garagekidztweetz

id:garage-kid@76whizkidz のライフログ・ブログ!

「96 時間」はツッコミ出すとキリがないので、何も考えないで観れば楽しい映画

スポンサーリンク

<ストーリー>
お前が何者なのかは知らない。何が目的かもわからない。身代金を望んでいるなら、言っておくが、金はない。だが、俺は闇のキャリアで身につけた特殊な能力がある。お前らが恐れる能力だ。娘を返すなら、見逃してやる。だが返さないならお前を捜し、お前を追い詰め、そしてお前を殺す。
18歳のアメリカ人少女キムが、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐された。偶然にもその事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父親ブライアンは、命よりも大切な娘を襲った悪夢のような出来事に、ずたずたに胸を引き裂かれる思いを味わう。しかし、政府の元工作員として幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、冷静さを失ってはいなかった。追跡可能なタイムリミットは96時間! 異国の極悪犯罪組織に娘を奪われた父親は、自らの手で奪還すべく迷わず闇の世界へ飛び込んでいった!

via amazon.

ストーリーは上記のとおりですが…
なんというかツッコミを入れ始めると、キリがないストーリーでした。

政府の元工作員の父が、娘のはじめての海外旅行は「危ない、危ない」といぶかしんだ挙句、結局海外旅行にいったら、父が心配したとおり、誘拐されてしまったり…
その娘を取り返すために、父がパリで大事故やら殺人を犯しまくっても、最終的には何もお咎めがなかったり…

なので、この映画はストーリーのことは何も考えないで、展開を楽しむといい映画だと思います。
「トランスポーター」「TAXi」シリーズのリュック・ベッソン製作・脚本と聞けばそれも納得かも、と。
ストーリーのことを考えないようにしたら、スピード感とテンポのよい展開をする映画なので、私はなかなか楽しめました。

「スター・ウォーズ」でクワイ=ガン・ジンを演じたリーアム・ニーソンが、スター・ウォーズとは打って変わって大活躍しているのも、個人的には好感しました。

こちらもあわせてどうぞ