#garagekidztweetz

#garagekidztweetz

id:garage-kid@76whizkidz のライフログ・ブログ!

#hcj13w Hadoop Conference Japan 2013 Winter 個人的まとめ

スポンサーリンク

昨日は Hadoop Conference Japan 2013 Winter Tickets, Tokyo - Eventbrite ( #hcj13w ) に参加してきました。

開催場所などの情報は以下のとおりでした。

  • 日時:2013年1月21日(月) 10:00〜18:00 (受付開始 9:30)
  • 会場:東京ビッグサイト 会議棟 http://www.bigsight.jp/general/access/
  • 主催:Hadoopユーザ会
  • 後援・会場提供:株式会社リクルートテクノロジーズ
  • メディア協賛:日経BP社 ITpro、技術評論社 Gihyo.jp、Publickey
  • 展示ブース 出展:Cloudera、MapR、Treasure Data /サイオステクノロジー(共同出展)、日本オラクル、日立製作所

一応 事前に参加するセッションなどを計画していたのですが、

  • 人の数があまりにも多かったこと( 1,000 人超え)
  • 会場が 1F と 7F と大きく離れていたこと(事前には分かってましたが、実際いってみて遠さを実感しました)
  • 7F の居心地があまりにもよかったこと

と言った理由でずっと午前中も午後も 7F の A 会場で開催されたセッションに参加させてもらいました。
(ひとつだけ事前準備で不安だったのは、参加チケットを紙で印刷せずに iPhone の Passbook にインポートしていったことでしたが、そこは問題ありませんでした。)

人が多くて、身動きがとりずらいというのはありましたが、運営は様々な工夫がなされていてとても良かったと思います。
(ファシリティコーディネートしかり、ランチしかり、Hive T-shirts しかり、ステッカーしかり、メッセージボードしかり、 LT しかり。本当にコミュニティでの運営の域ははるかに超えているな、と。ユーザ会の方々、およびリクルートテクノロジーズさんたちのモチベーションの高さにはただただ頭がさがるばかりでした。 )

先に書いたとおり A 会場に居座り続けていたので、 Hadoop を使う側の話(事例、ソリューション)の話をほとんど何も聞けなかったので、このあと資料が up されたものなどからキャッチアップしていけたらな、と考えています。

ちなみにわたしが参加したセッションのメモはこのエントリの前に 7 本にわけて up させてもらいました。以下のとおりです。
( 今回特にどうしてもこれは質問したいということが自分の中でつくれなかったので、自分では質問出来ませんでしたが、 QA はできるかぎりキャッチアップしたつもりです)

また、このエントリは個人的なまとめのためのエントリなので、参加できなかったものも含め各セッションの資料などの情報も集めておきたいと思います。
Hadoop Conference Japan 2013 Winter Tickets, Tokyo - Eventbrite にあがっていくものとかぶるところがあるかもしれないですが、平にご容赦ください)

お昼(LT)
午後(各セッション)
A会場 ust(テクノロジー) B会場 ust(事例) C会場 ust(ソリューション)
Hadoop's Power to Transform Business(MapR Technologies) リクルート式Hadoopの使い方 2ndEdition(リクルートテクノロジーズ) Huahin Framework For Hadoop(ブレインパッド)
Introduction to Impala 〜Hadoop用のSQLエンジン〜(Cloudera) 医療情報分野でHadoopをどう使う?最新事情と効果的な利活用のためのアプローチ(帝京大学) AZAREA-Cluster HadoopアプリケーションをGUIで簡単に開発(シーエーシー)
Hadoop上の多種多様な処理でPigの活きる道(NTTデータ) Flumeを活用したAmebaにおける大規模ログ収集システム(サイバーエージェント) LT(※ 印をした以下に別途記載)
スケーラブルなシステムのためのHBaseスキーマ設計(Cloudera) Log analysis system with Hadoop in livedoor 2013 Winter(NHN Japan) Hadoopで拓く新しい分析基盤の未来(新日鉄住金ソリューションズ)
いかにしてHadoopにデータを集めるか(Treasure Data) "見える"Twitter全量リアルタイム解析(NTTコミュニケーションズ) AsakusaによるHadoopでの業務系バッチ処理の課題と解決(ノーチラス・テクノロジーズ)
トラブルシューティングのために欲しかった、Hadoopがまるっと分かる可視化ツール(Acroquest Technology) AWSを活用したリアルタイム広告の入札・配信・ログ解析(ソネット・メディア・ネットワークス株式会社) Hadoopの次に考える分散システム技術(日本マイクロソフト)

こちらもあわせてどうぞ