#garagekidztweetz

#garagekidztweetz

id:garage-kid@76whizkidz のライフログ・ブログ!

iPhone 4S がうちにもやってきた。とりにいって、アクティベイションして、アクセサリーの装着をするまで。

スポンサーリンク

iPhone 4S をビックカメラで予約してきたのが、 iPhone 4S 発売の翌日、 2011-10-15 で、ビックカメラから連絡が来たのが 2011-11-03 だったので予約から 3 週間弱 かかりましたが、やっと昨日、 iPhone 4S がうちにもやってきました。

池袋のビックカメラにとりにゆく。


殺人的に混雑する池袋の駅を、ビックカメラに向かい、到着、

ウルトラマンとにらめっこしながら、受け取りまで店員さんと約 1 時間費やしました

帰宅、そして初めて自分で iPhone の SIM カードをさす。


いよいよ帰宅し、袋を開ける!
アクティベーションのための手順書、フィルム、 iPhone 4S 本体、お友達紹介キャンペーンのクーポン。


Apple 製品はいつも、この開封作業が楽しい。
ただ開封するだけでワクワクする製品は Apple 以外ではわたしはないです。

実は、 SIM を自分でつけるのは初めて。写真(左)のピンを使って、写真(右)の SIM カードを本体に装着します。

さきほどのピンを写真(左)の穴に入れ、押し込むと、写真(右)のように SIM カードをいれるための受け皿が飛び出してきます。

いざ、アクティベート!

ここからのアクティベーションの作業は、 Mac に USB ケーブルでつないで iTunes の iPhone3GS のバックアップから復旧を行いました。
(参考にさせていただいたのは@goryugoさんの ソフトバンクのオンラインショップで注文したiPhone4Sの機種変更手続きの記事でしたが、 iCloud を使ってはやりませんでした)
※かなりの数のアプリケーションと、音楽データが入っていたので、小一時間かかったと思います。

そして、アクセサリーを装着!


そして、ビックカメラで買ってきた液晶フィルム(写真:左)と予め買っておいた remoeraのREAL WOODEN CASE COVERを装着!

液晶フィルムもきれいにはれて、remoeraのREAL WOODEN CASE COVERもついた。
ワオ、ビューティホー!

ちょっと感想。

一言でいうと感動、それにつきます。
わたしの場合、 iPhone3GS からの機種変だったので、もう一つひとつのアプリの起動速度、反応速度が明らかに 4S の方が速いということを体感できました。
まだ、 3GS を使っていて分割支払いが多く残っている人は、改めてソフトバンクに 2 年間縛られてしまうことにはなりますが、機種変して損はないと思います。
※電池の消耗が激しいという問題もあるようですが、近々公開されるだろう、iOS5 のアップデート(Apple、iOS 5の最悪なバッテリー寿命を改善するアップデートを近々行うと約束)に期待したいと思っています。

さいごにもう一つ、余談。

ちなみにわたしが買った remoera の REAL WOODEN CASE COVERは下のものです。他にもいろいろな木材があるのでよかったら見てみてください。
[rakuten:remoera:10000024:detail]

こちらもあわせてどうぞ。